コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴石 はくりゅうせきleucite

翻訳|leucite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白榴石
はくりゅうせき
leucite

KAlSi2O6 。高温型は立方晶系,低温型は正方晶系。比重 2.47~2.50,硬度 5.5~6。白色。偏光顕微鏡下では集片双晶が特徴的。複屈折はきわめて小さい。カリウムに富む塩基性,超塩基性岩石の斑晶として産出する。アルカリに富むマグマからは白榴石が最初に晶出するが,温度が 1020℃にまで低下すると,残液と反応してカリ長石霞石に分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白榴石
はくりゅうせき
leucite

準長石の一種。高温(625℃以上)では等軸晶系のため、ざくろ石に似た結晶をすることが多い。カリ長石と霞石(かすみいし)の混合物に置換されたものは擬白榴石とよばれる。カリウムに富み、ケイ酸分に乏しい火山岩中にのみ産する。ウガンダ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、オーストラリア、アメリカのワイオミング州、イタリアなどが主産地。日本では未発見。英名は、白色を意味するギリシア語に由来。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白榴石の関連キーワード白榴石(データノート)ダイヤモンド(宝石)ワイオミング州ソーダライトバッサーニ石フォノライトノルム分類法タンボラ火山橄欖石白榴岩ポルサイト長石玄武岩白榴岩珪酸塩けい

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android