コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白粉花 オシロイバナ

デジタル大辞泉の解説

おしろい‐ばな【白粉花】

オシロイバナ科の多年草。園芸上は一年草としても扱われる。高さ約1メートル。葉は広卵形で、対生する。花は夏から秋にかけて咲き続け、色は紅・白色絞りなどがあり、らっぱ状で、夕方に開く。江戸時代、種子の白い粉をおしろいの代用にした。南アメリカの原産。夕化粧 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしろいばな【白粉花】

オシロイバナ科の多年草。熱帯アメリカ原産。高さ1メートル 内外。葉は卵形で対生。夏秋、茎頂に緋紅色・黄色・白色、またそれらの絞りなどの漏斗状の花がつき、夕方開き、翌朝しぼむ。種子の胚乳は白粉に似て白い。おしろいの花。夕化粧。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白粉花 (オシロイバナ・オシロイノハナ)

学名:Mirabilis jalapa
植物。オシロイバナ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白粉花の関連キーワード胚乳内外白粉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android