白絹病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

白絹病(アルファルファ)

暖地での代表的な株枯性の糸状病。梅雨明け後、温度が上がってくると発生しはじめ、白い綿糸のような菌糸がみっしりとの基部や冠根部に絡みつく。罹病 組織は徐々に褐変、崩壊していき、やがて地上部全体が枯死し、株枯に至る。また、枯れた葉や茎の上で菌糸が束状になり、その上に初め白色のちに黄褐色とな る菌糸のが形成される。これは菌核で、土中で越冬して翌年の伝染源となる。罹病組織の残さ、菌核、菌糸の断片風雨で飛散して伝搬する。病原菌菌核病 菌よりもさらに多犯性である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報