コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌核病 きんかくびょう sclerotium disease

5件 の用語解説(菌核病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌核病
きんかくびょう
sclerotium disease

糸状菌 (→カビ ) の一種で子嚢菌に類する菌類による植物の伝染性の病害。罹患部に黒色ネズミ糞状の菌核が多数生じる。多犯性の病菌であり,寄生植物の種類はじゃがいも,大豆,いんげんなどの豆類や,菜種など 30科 100種以上に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんかく‐びょう〔‐ビヤウ〕【菌核病】

豆類やウリ・ナスなどに一群の子嚢(しのう)菌が寄生し、菌核を生じる病害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菌核病【きんかくびょう】

スクレロチニア属の菌類の寄生による植物の病気。疾患部に菌核という粒状の菌糸の集合物を生じるのでこの名がある。ナタネ類,ウリ類,マメ類など多くの作物を冒し,立枯れにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きんかくびょう【菌核病】

植物の表面あるいは内部に菌核ができ、枯死するもの。豆類・ウリ類・ナス類やレタス・キャベツなどに被害が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菌核病
きんかくびょう

子嚢(しのう)菌の一種であるスクレロチニア・スクレロチオルムSclerotinia sclerotiorumの寄生によっておこる作物の病気。この菌は32科160種以上の植物を侵し、ネズミの糞(ふん)に似た特徴のある菌核を形成するところから、この病気は菌核病とよばれる。菌核とは菌糸が密に絡み合って堅くなり、高温や乾燥などの悪条件に耐え、生存できるようになった菌の一形態である。本病は豆類、ウリ類、ナス類などで被害が大きい。露地栽培の作物では、地際(じぎわ)の部分や枝の分岐点などに、初め水浸状の変色部ができ、のちに淡褐色になり茎全体が侵されて立ち枯れになる。雨のあとや湿度の高いとき病斑(びょうはん)の部分に白色綿毛状の菌糸を生じ、のちに菌核をつくる。温室やハウス栽培の野菜類では、葉、茎、果実などあらゆる部分が侵され、腐敗や立ち枯れをおこし被害が大きい。気温10~15℃のときによく発生する。防除は、ハウス栽培では温度が下がらないよう、また湿度が高くならないよう管理するとともに、イプロジオン剤(「ロブラール」)、チオファネートメチル剤(「トップジンM」)、プロシミドン剤(「スミレックス」)などの薬剤を散布する。なお果樹類の病気で、この菌の近縁の菌によっておこる灰星(はいぼし)病も菌核病とよばれることがあり、また白絹(しらきぬ)病など菌核をつくる病気を菌核病と総称することもある。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菌核病の関連キーワードカビ糸状菌子嚢子嚢菌類赤パン黴子嚢菌類・子囊菌類鬚黴子嚢菌子嚢胞子ペニシリウム属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菌核病の関連情報