コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白絹病(シロクローバ)

1件 の用語解説(白絹病(シロクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

白絹病(シロクローバ)

暖地での代表的な株枯性の糸状菌病。梅雨明け後、温度が上がってくると発生しはじめ、白い綿糸のような菌糸がみっしりと茎の基部や冠根部に絡みつく。罹病 組織は徐々に褐変、崩壊していき、やがて地上部全体が枯死し、株枯に至る。また、枯れた葉や茎の上で菌糸が束状になり、その上に初め白色のちに黄褐色とな る菌糸の塊が形成される。これは菌核で、土中で越冬して翌年の伝染源となる。罹病組織の残さ、菌核、菌糸の断片が風雨で飛散して伝搬する。病原菌は菌核病 菌よりもさらに多犯性である。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白絹病(シロクローバ)の関連キーワード梅雨明けミイラ穂病(パスパルム)炭疽病(パスパルム)白絹病(アルファルファ)すす点病(アカクローバ)すす点病(シロクローバ)すす点病(アルサイククローバ)ミイラ穂病(カゼクサ)ミイラ穂病(イヌビエ)ミイラ穂病(チガヤ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone