コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白藍 しらあい

色名がわかる辞典の解説

しらあい【白藍】

色名の一つ。ごく薄い藍染の色で、淡い水色のこと。『延喜式えんぎしき』に記述がある染色の名。系統の色としてもっとも薄い色に属する。近い色の顔料に藍白あいじろがある。また、青色染料のインジゴを漂白などにも使うハイドロサルファイトで還元して得られる白い粉末のこともいう。その粉末を溶かした液体に布地を浸したのち、空気にふれると酸化して藍色になる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しろ‐あい〔‐あゐ〕【白藍】

薄い藍色。しらあい。
インジゴを亜鉛末で還元して得られる白色の粉末。空気にさらすと酸化して藍色に発色する。藍染めに用いる。はくらん。

はく‐らん【白藍】

ハクサイ(白菜)とキャベツ(甘藍(かんらん))との種間雑種として作り出された野菜。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろあい【白藍】

藍をハイドロサルファイト(亜ジオチン酸ナトリウム)など強アルカリ性で還元して得た白色の粉末。溶液を木綿などの繊維にしみこませ、空気にさらすと酸化されて再び藍の濃青色を発する。はくらん。インジゴ-ホワイト。

はくらん【白藍】

しろあい(白藍) 」に同じ。
ハクサイとキャベツを交雑して作り出された野菜。結球性で、生食・煮物いずれにも適する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白藍の関連情報