コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白話運動 はくわうんどう

大辞林 第三版の解説

はくわうんどう【白話運動】

1917年一月、中国の胡適こてきらが起こした文体の改革運動。従来正統とされてきた文言に換えて、白話による文章表現を主張し、文学革命の口火となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白話運動の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦ロマノフ朝

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone