コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鑞 シロミ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐み【白×鑞】

しろめ(白鑞)」に同じ。
白銅(はくどう)
「―の御鏡はとぎにくく侍る」〈七十一番職人歌合・中〉

しろ‐め【白×鑞/白目】

錫(すず)と鉛との、ほぼ4対1の合金細工の接着や銅合金などに使う。アンチモン砒素(ひそ)をまぜたものをいうこともある。しろみ。しろなまり。ピューター

はく‐ろう〔‐ラフ〕【白×鑞】

びゃくろう(白鑞)

びゃく‐ろう〔‐ラフ〕【白×鑞】

錫(すず)のこと。また、錫ととの合金。しろめ。はくろう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白鑞の言及

【鑞付】より

…銀鑞の場合は600~900℃で物理的性質が良い。軟鑞は普通はんだ,白鑞と称され,スズ(錫)と鉛の合金をいい融点は180~300℃で物理的性質が悪いが,手軽に接合できるので多く用いられ,われわれの周囲にもよく見うけられる。硬鑞には金鑞,銀鑞,シンチュウ(真鍮)鑞,洋銀鑞,四分一(しぶいち)鑞,赤銅鑞,サハリ鑞,銅鑞などがあり,古くは銀鑞が使用された。…

※「白鑞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白鑞の関連キーワード昆解宮成為出だす煮黒め四方白鋳掛屋食器白鉛スズ蒔絵篠垂瓶子白銅砒素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android