コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白長須鯨 シロナガスクジラ

デジタル大辞泉の解説

しろながす‐くじら〔‐くぢら〕【白長須鯨】

ナガスクジラ科の哺乳類。全長30メートルに達するヒゲクジラで、全動物のうちで最大。全身が青灰色。世界の海洋を回遊しているが、南氷洋捕鯨の乱獲によって減少し、国際的に保護されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろながすくじら【白長須鯨】

ヒゲクジラの一種。最大の動物で、最大体長33メートル、体重170トンのものが知られている。南極海・太平洋・大西洋北部などに分布し、オキアミ類を主食とする。生息数が減少し、国際捕鯨条約により捕獲を禁止されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白長須鯨 (シロナガスクジラ)

学名:Balaenoptera musculus
動物。ナガスクジラ科のヒゲクジラ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白長須鯨の関連キーワード国際捕鯨条約オキアミ類太平洋南極海一種捕獲主食

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android