百聞は一見に如かず(読み)ひゃくぶんはいっけんにしかず

故事成語を知る辞典「百聞は一見に如かず」の解説

百聞は一見に如かず

ものごとの実際は、耳で聞くよりも、で見る方がはるかによくわかる、ということ。

[使用例] いくら化繊着物で便利で経済的だと説明しましても、やはり百聞一見にしかず、自分たちと同年代のお嬢さん奥さんに実験していただいたものを体験談として掲載すれば、一般消費者の方々にもかなりの説得力があるんではないでしょうか[平岩弓枝*女の気持|1974]

[由来] 「漢書ちょうじゅうこく伝」に見えるエピソードから。紀元前一世紀、前漢王朝の時代の中国でのこと。異民族の攻撃に際して対応を問われた老齢将軍、趙充国は、「百聞は一見に如かず(何度、報告を聞いたって、実際にその場に行って見るには及びません)」と述べて、自分が現場に駆けつけて指揮を取りたいと願い出た、ということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「百聞は一見に如かず」の解説

百聞は一見に如かず

人の口から一〇〇回聞いても、自分の目で一回見るには及ばない。何度も聞いたことも、実際に見るのとは理解に大きな差がある。

[使用例] 満州北支に旅行をしハルビン熱河、大同北京を見た。百聞は一見にしかずというのは本当だと思った。それからは支那の画や彫刻を見ても本腰に見られるようになった[中川一政*モンマルトルの空の月|1955]

[解説] 「漢書―趙充国伝」にあることば。古くは、やはり漢籍に由来する「千聞一見に如かず」がよく用いられていました。

[類句] 聞くと見るは大違い

〔英語〕Seeing is believing.(見ることは信じること)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「百聞は一見に如かず」の解説

ひゃくぶん【百聞】 は 一見(いっけん)に如(し)かず

一〇〇回聞くより一回見るほうがよくわかる。何度繰り返し聞いても、一度実際に見ることに及ばない。
※新聞雑誌‐一三号・明治四年(1871)九月「右は所謂百聞不一見の理にして」 〔漢書‐趙充国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「百聞は一見に如かず」の解説

百聞ひゃくぶん一見いっけんかず

《「漢書」趙充国伝から》人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よくわかる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android