コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百舌鳥・古市古墳群

1件 の用語解説(百舌鳥・古市古墳群の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

百舌鳥・古市古墳群

大阪平野の南部(堺市、大阪府羽曳野市藤井寺市)にある、古墳時代の4世紀後半~6世紀前半に造られた90基近い古墳群。世界最大規模を誇る仁徳陵古墳(墳丘長486メートル)や国内第2位の応神陵古墳羽曳野市、同425メートル)などの巨大前方後円墳が集中する。

(2015-05-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百舌鳥・古市古墳群の関連キーワード危機遺産世界文化遺産ルスト世界遺産の現状と課題世界遺産暫定リスト長崎の教会群とキリスト教関連遺産富士山の世界文化遺産登録を目指す運動世界遺産登録沖の島飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百舌鳥・古市古墳群の関連情報