漂鳥(読み)ひょうちょう(英語表記)wandering bird

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漂鳥
ひょうちょう
wandering bird

渡り鳥ほど長距離の移動はしないが,季節ごとに短距離の移動をしたり,また山地低地の間を往復移動する鳥をいう。移動距離の長短以外は渡り鳥と本質的な違いがなく,局所的な渡り鳥ということができる。アカハラウグイスカケス,モズなどが漂鳥の例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

漂鳥【ひょうちょう】

渡り鳥に比べて小規模の季節移動をする鳥をいう。日本では夏に山地で繁殖し,冬季平地で越冬するウグイス,ムクドリ,ヒヨドリなど。北海道・東北などで繁殖し,南日本に漂行して越冬するものも多い。
→関連項目ウグイス(鶯)オシドリハイタカ渡り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうちょう【漂鳥】

一地方内で越冬地と繁殖地とを異にして、小規模な渡りをする鳥類。日本では、低地で越冬し、山地で繁殖するミソサザイやウグイスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漂鳥
ひょうちょう
wanderer

ある一つの比較的広い地域についてみたとき、その地域の一部分で繁殖し、ほかの一部分で非繁殖期を過ごす鳥をいう。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漂鳥の言及

【渡り鳥】より

…人家の周辺でみられるスズメやカラスは一年中同じ地域にすむので留鳥resident birdと呼ばれる。またウグイスやアカハラなどのように,繁殖するところと冬を過ごす(越冬)場所とが違うが同じ地域内を出ない鳥は漂鳥wandering birdと呼ばれる。しかし春の訪れとともに,それまで冬を過ごしたツグミ,カシラダカ,ガン・カモ類,ハクチョウ類などは北国を目ざして渡っていく。…

※「漂鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂鳥の関連情報