中華(読み)チュウカ

  • ちゅうか ‥クヮ
  • ちゅうか〔クワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「華」は文化が進んでいるの義) 世界の中央にあって最も文化の進んでいる国の意。特に、黄河流域に古代文明を築いた漢民族が周辺諸民族を東夷(とうい)・西戎(せいじゅう)・南蛮(なんばん)・北狄(ほくてき)と呼ぶのに対して、自らを世界の中央にあって最も開化している民族であると自負していった語。また、その居住する地域。中国。中夏。
※本朝麗藻(1010か)下・和高礼部再夢唐故白太保之作〈具平親王〉「中華変雅人相慣、季頽風体未訛」 〔蜀志注‐諸葛亮伝〕
※汚れた英雄 黄金篇(1968)〈大藪春彦〉再会「まだ、一度も本式の中華を食べたことがないの」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「南京桜に水仙巻、ちうか、いが餠うぐひすもち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中華の関連情報