目が利く(読み)めがきく

精選版 日本国語大辞典「目が利く」の解説

め【目】 が 利(き)

① 鑑識力がすぐれている。鑑定がじょうずである。
申楽談儀(1430)よろづの物まねは心根「今ほど、化かすといふこと、やうやう化けはれてとなど云。それは、こなたが目がきかぬ也」
② 監督がゆきとどく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目が利く」の解説

・く

よしあしを見分ける能力をもっている。鑑識眼がある。「刀剣に―・く」
[類語]眼識目利き洞察先見明察識見見識炯眼けいがん活眼慧眼眼力眼光心眼達眼審美眼目が高い目が肥える・鑑識眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android