コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧眼 エゲン

デジタル大辞泉の解説

え‐げん〔ヱ‐〕【×慧眼】

仏語。五眼(ごげん)の一。二乗(にじょう)の人がもつ、一切の事物を空であると見通す智慧(ちえ)の目。

けい‐がん【×慧眼】

物事の本質を鋭く見抜く力。炯眼(けいがん)。「慧眼の士」→慧眼(えげん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えげん【慧眼】

〘仏〙 五眼の一。この世の空くうであるという真理を悟る能力をもつ目。二乗にじようの修行者、菩薩、仏が備える。

けいがん【慧眼】

物事の本質を見抜くさとい眼力・鋭い洞察力。また、それをもつこと。 「 -の士」 〔同音語の「炯眼」は鋭く光る目、また、鋭い眼力のこと。一方、「慧眼」は「炯眼」とほぼ同様にも用いるが、物事の本質や裏面を見抜く鋭い洞察力のことをいう〕 → えげん(慧眼)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

慧眼の関連キーワード丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願シュトラウス関山慧玄玉麟詔天同音語修行者仏語真理菩薩凡眼蔽遮仏眼

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慧眼の関連情報