コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目貫 メヌキ

3件 の用語解説(目貫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

め‐ぬき【目貫】

目釘のこと。のち、柄(つか)の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうがしら)と座が装飾化されてその部分をさすようになり、さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めぬき【目貫】

〔「目」はあなの意〕
太刀・刀の身が柄つかから抜けないように柄と茎なかごの穴にさし止める釘。目釘。また、それをおおう金具。次第に刀装の中心となり、精緻美麗なものとなった。 → 太刀

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

目貫
めぬき

刀剣の柄(つか)(握る部分)につける装飾金具。目抜とも書く。目貫は普通その上を柄糸で巻くが、巻かないものを出(だし)目貫という。本来は刀剣の茎孔(なかごあな)へ通して柄を留める目釘(めくぎ)の上を飾ったもの(目とは孔のことで、これを貫く意)であったが、近世に入って目釘と目貫は分離し、目貫は刀装(拵(こしらえ))の装飾をもっぱらとするようになった。室町後期に装剣金工を業とする後藤家が出現して以来のもので、獅子(しし)、虎(とら)、竜または家紋などの意匠が多くみられる。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目貫の関連キーワード表出思い内にあれば色外にあらわる蟹目釘心内にあれば色外にあらわる蔵鋒目釘目釘を湿す露鋒現れ思い内にあれば色外に現る

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目貫の関連情報