目貫(読み)メヌキ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぬき【目貫】

目釘のこと。のち、柄(つか)の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうがしら)と座が装飾化されてその部分をさすようになり、さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぬき【目貫】

〔「目」はあなの意〕
太刀・刀の身が柄つかから抜けないように柄と茎なかごの穴にさし止める釘。目釘。また、それをおおう金具。次第に刀装の中心となり、精緻美麗なものとなった。 → 太刀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

目貫
めぬき

刀剣の柄(つか)(握る部分)につける装飾金具。目抜とも書く。目貫は普通その上を柄糸で巻くが、巻かないものを出(だし)目貫という。本来は刀剣の茎孔(なかごあな)へ通して柄を留める目釘(めくぎ)の上を飾ったもの(目とは孔のことで、これを貫く意)であったが、近世に入って目釘と目貫は分離し、目貫は刀装(拵(こしらえ))の装飾をもっぱらとするようになった。室町後期に装剣金工を業とする後藤家が出現して以来のもので、獅子(しし)、虎(とら)、竜または家紋などの意匠が多くみられる。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐ぬき【目貫】

〘名〙 (「め」は孔(あな)の意) 刀や槍(やり)の目釘のこと。鎌倉以降、頭と座の飾りと釘の部分を離して別の位置につけるようになり、釘の部分を真目貫(まことめぬき)・目釘といい、飾りの金物を目につく箇所につけて空目貫(そらめぬき)という。近世には普通、空目貫をさす。
※神楽歌(9C後)採物・劔「〈本〉銀(しろかね)の 女奴支(メヌキ)の太刀を さげ佩きて」
※平家(13C前)四「甲の鉢にあまりにつよう打あてて、めぬきのもとよりちゃうどをれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目貫の関連情報