コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相槌/相鎚 アイヅチ

デジタル大辞泉の解説

あい‐づち〔あひ‐〕【相×槌/相×鎚】

鍛冶(かじ)で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。
相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。
「聞く人なげに遠慮なき高声、福も―例の調子に」〈一葉・われから〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

相槌/相鎚の関連キーワードおもな慣用句相槌・相鎚相槌を打つ打つ・擣つ御方包丁三条宗近鍛冶屋合の手頓珍漢向い槌小鍛冶相の槌高声中中昔話調和才蔵アド鍛冶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android