コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相槌/相鎚 アイヅチ

デジタル大辞泉の解説

あい‐づち〔あひ‐〕【相×槌/相×鎚】

鍛冶(かじ)で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。
相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。
「聞く人なげに遠慮なき高声、福も―例の調子に」〈一葉・われから〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

相槌/相鎚の関連キーワードおもな慣用句相槌を打つ相槌・相鎚打つ・擣つ御方包丁三条宗近合の手鍛冶屋頓珍漢相の槌小鍛冶向い槌高声中中昔話調和アド才蔵鍛冶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android