コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看督長 カドノオサ

世界大百科事典 第2版の解説

かどのおさ【看督長】

検非違使(けびいし)の下級職員で,獄直や追捕に従事。身分は火長。《弘仁式》で定員2と定められ,これは貞観・延喜式制に継承されているが,その後しだいに増員され,1035年(長元8)の〈看督長見不注進状〉では左右あわせて16人を数える。検非違使の武力は尉を中心とした比較的大規模な部隊編成を伴うものと京中を巡回する小規模なそれとがあるが,後者を代表するのが看督長で,少数の従者を率いることがあった。検非違使庁の権勢を笠に着て不当な捜査,追捕や乱暴な行動を行うことが珍しくなく,京中の人から頼られる一方で恐れられもしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かどのおさ【看督長】

〔「かど」は「看督」の字音の転〕
平安時代、検非違使の属官として、牢獄の管理や犯人の追捕ついぶなどに当たった者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の看督長の言及

【検非違使】より

…左右衛門府職員が〈使の宣旨〉により兼任するのが原則で,弘仁左右衛門府式では定員を左右それぞれにつき官人1,府生1,火長5と定め,貞観・延喜式では左右それぞれ佐1,尉1,志1,府生1,火長(かちよう)9に増員し,834年(承和1)には別当が置かれている。火長は看督長(かどのおさ),案主,官人従者などからなり,式にはみえないが,火長の下に下部と称する下輩が置かれていた。佐の定員は時代が下っても式制どおり左右各1であるが,尉以下の職員については,必要に応じ増員が図られている。…

※「看督長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

看督長の関連キーワード平安時代著釱の政赤狩衣随身門放免属官字音

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android