コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看督長 カドノオサ

3件 の用語解説(看督長の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かど‐の‐おさ〔‐をさ〕【長】

平安時代、検非違使(けびいし)庁の下級職員。牢獄(ろうごく)の看守を本来の職務としたが、のちには罪人追捕(ついぶ)が主となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かどのおさ【看督長】

検非違使(けびいし)の下級職員で,獄直や追捕に従事。身分は火長《弘仁式》で定員2と定められ,これは貞観・延喜式制に継承されているが,その後しだいに増員され,1035年(長元8)の〈看督長見不注進状〉では左右あわせて16人を数える。検非違使の武力は尉を中心とした比較的大規模な部隊編成を伴うものと京中を巡回する小規模なそれとがあるが,後者を代表するのが看督長で,少数の従者を率いることがあった。検非違使庁の権勢を笠に着て不当な捜査,追捕や乱暴な行動を行うことが珍しくなく,京中の人から頼られる一方で恐れられもしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かどのおさ【看督長】

〔「かど」は「看督」の字音の転〕
平安時代、検非違使の属官として、牢獄の管理や犯人の追捕ついぶなどに当たった者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の看督長の言及

【検非違使】より

…左右衛門府職員が〈使の宣旨〉により兼任するのが原則で,弘仁左右衛門府式では定員を左右それぞれにつき官人1,府生1,火長5と定め,貞観・延喜式では左右それぞれ佐1,尉1,志1,府生1,火長(かちよう)9に増員し,834年(承和1)には別当が置かれている。火長は看督長(かどのおさ),案主,官人従者などからなり,式にはみえないが,火長の下に下部と称する下輩が置かれていた。佐の定員は時代が下っても式制どおり左右各1であるが,尉以下の職員については,必要に応じ増員が図られている。…

※「看督長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

看督長の関連キーワード検非違使判官赤衣検非違使所検非違使別当検非所非違府生庁官靫負庁

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone