コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞳孔反射 ドウコウハンシャ

デジタル大辞泉の解説

どうこう‐はんしゃ【瞳孔反射】

光などの刺激の強弱によって、瞳孔を狭めたり広げたりする反射。明るいときや近くの物を見るときは縮小し、暗いときや遠方を見るとき、驚いたときには散大する。対光反射

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうこうはんしゃ【瞳孔反射 pupillary reflex】

瞳孔の大きさを散大させたり縮小させたりする反射。瞳孔は虹彩の中心にある小孔で,その大きさは瞳孔を環状にとりまく瞳孔括約筋と放射状に走る瞳孔散大筋の作用によって変化する。瞳孔反射は主として,光の強さに応じて瞳孔の大きさを変える対光反射をいうが,ほかに近くをみると瞳孔が縮小する近見反射や,精神的興奮や痛み刺激で散大する反応もある。対光反射は次のような機序で起こる。すなわち,瞳孔から入った光は網膜で神経のインパルスに変換され,一定の情報処理がされた後,中脳の視蓋前域に送られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうこうはんしゃ【瞳孔反射】

光線の照射、近距離にある物体の注視、閉瞼などにより、反射的に瞳孔の大きさが変化する機能。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瞳孔反射の関連キーワードピルツ‐ヴェストファール現象ガラッシ瞳孔現象近距離死亡注視照射物体機能光線

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android