コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢ノ川峠 やノことうげ

3件 の用語解説(矢ノ川峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢ノ川峠
やノことうげ

三重県南部,尾鷲市と熊野市の境にある峠。急峻な紀伊山地が海に落込むところにある交通の難所で,紀勢本線も 1959年まではこの間だけ開通せず,国鉄連絡バスが峠を越えていた。古い熊野街道上の峠は高峰山の南にあったが,1936年,標高 806mのところを開削してバスが運行できる国道 42号線 (熊野街道) が通じ,さらに 68年,標高 320mのところに矢ノ川トンネルが通じて近代化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕矢ノ川峠(やのことうげ)


三重県南部、熊野(くまの)・尾鷲(おわせ)両市の境にある峠。標高約800m。かつては熊野(くまの)街道が紀伊(きい)山地の台高(だいこう)山脈南部にある高峰(たかみね)山南方の尾根筋を越える難所。旧峠の東南約1kmに国道42号の矢ノ川トンネルが開通して通行が容易になった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢ノ川峠
やのことうげ

三重県南部、尾鷲(おわせ)、熊野両市の境にある峠。紀伊山地が急斜面をなして熊野灘(なだ)に臨み、この間の陸路は危険な海岸沿いか、尾鷲湾に注ぐ矢ノ川をさかのぼり矢ノ川峠を越えるルートしかなく、熊野街道最大の難所とされた。江戸時代に開かれた峠は高峰山(1045メートル)山頂の南部を通っていたが、1936年(昭和11)南東方の標高807メートルの所を開削して国道42号が通るようになり、1959年(昭和34)紀勢本線の尾鷲―熊野間開通までは、国鉄(現JR)の連絡バスが走り、屈曲して登るバスからの眺めは絶景といわれた。1968年に峠道のすぐ下を矢ノ川トンネルが貫通し、かつての難所のおもかげもなくなった。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢ノ川峠の関連キーワード三重県尾鷲市賀田町三重県尾鷲市九鬼町三重県尾鷲市栄町三重県尾鷲市曽根町三重県尾鷲市中川三重県尾鷲市中村町三重県尾鷲市名柄町三重県尾鷲市港町三重県尾鷲市向井三重県尾鷲市矢浜

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢ノ川峠の関連情報