コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢筈草 ヤハズソウ

デジタル大辞泉の解説

やはず‐そう〔‐サウ〕【矢×筈草】

マメ科の一年草。草地などに生え、高さ10~30センチ、多くの枝を出す。葉は3枚の長卵形の小葉からなる複葉。小葉をちぎると、側脈に沿ってV字形に裂ける。8、9月ごろ、淡紅色の蝶形の小花が咲く。牧草とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やはずそう【矢筈草】

マメ科の一年草。日当たりのよい道端に多い。茎はよく分枝して高さ約20センチメートルになる。葉は三出複葉。小葉は広卵形で、先を引っ張ると側脈に沿って切れ矢筈形となる。夏から秋、帯紅紫色の小花をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

矢筈草 (ヤハズソウ)

学名:Kummerowia striata
植物。マメ科の一年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

矢筈草の関連キーワード広卵形

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android