コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢筈草 ヤハズソウ

デジタル大辞泉の解説

やはず‐そう〔‐サウ〕【矢×筈草】

マメ科の一年草。草地などに生え、高さ10~30センチ、多くの枝を出す。葉は3枚の長卵形の小葉からなる複葉。小葉をちぎると、側脈に沿ってV字形に裂ける。8、9月ごろ、淡紅色の蝶形の小花が咲く。牧草とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やはずそう【矢筈草】

マメ科の一年草。日当たりのよい道端に多い。茎はよく分枝して高さ約20センチメートルになる。葉は三出複葉。小葉は広卵形で、先を引っ張ると側脈に沿って切れ矢筈形となる。夏から秋、帯紅紫色の小花をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矢筈草の関連キーワード広卵形

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android