矢野健太郎(読み)やの けんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野健太郎 やの-けんたろう

1912-1993 昭和時代の数学者。
明治45年3月1日生まれ。プリンストン高級研究所員などをへて,昭和33年東京工業大教授となる。微分幾何学の研究で知られる。専門書のほか教科書,参考書,一般書の執筆を通じて数学への啓発,数学教育の改善につくした。平成5年12月25日死去。81歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「すばらしい数学者たち」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

矢野健太郎【やのけんたろう】

数学者。東京都生れ。東京帝国大学(現,東京大学)理学部数学科卒業。1950年から1952年までアメリカのプリンストン高等研究所の所員を務め,その間にアインシュタインらの知遇を得た。その後,東京工業大学教授などを歴任。同大学名誉教授。相対性理論の数学的基礎付けをなす微分幾何学の権威で,主著に《微分幾何学》《初等解析幾何学》などがある。専門書のほかにも教科書,啓蒙書,数学エッセーなど幅広い分野の著作があり,受験参考書の著者〈ヤノケン〉としても名高い。また,著書《エレガントな解答》に代表されるように,〈なぜ?〉を基調として数学の世界に〈エレガント〉という言葉をもち込んだことでも知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やのけんたろう【矢野健太郎】

1912~1993) 数学者。東京生まれ。東工大教授。微分幾何学の分野に解析学、位相幾何学などの理論を導入して大域的微分幾何学の発展に貢献。教科書や参考書の執筆も手がけ、数学教育にも貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢野健太郎の関連情報