石の上にも三年(読み)イシノウエニモサンネン

デジタル大辞泉の解説

石(いし)の上にも三年

冷たいの上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしのうえにもさんねん【石の上にも三年】

〔冷たい石の上でも三年も居れば暖かになるという意から〕
辛抱していれば、やがては成功するものだ。忍耐力が大切なことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いし【石】 の 上(うえ)にも三年(さんねん)

(冷たい石の上でも三年すわり続ければ暖まるの意から) たとえつらくてもしんぼう強くがんばれば、やがて報われるということ。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「商人(あきんど)、職人によらず、住なれたる所を替(かゆ)る事なかれ。石の上にも三年と俗言(ぞくご)に伝へし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石の上にも三年の関連情報