コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原正明(読み)いしはら まさあき

美術人名辞典の解説

石原正明

江戸後期の国学者尾張生、江戸住。通称喜左衛門、名は将聴のち正明、号は蓬堂。初め本居宣長の門に、のち塙保己一の門に学ぶ。寛政4年(1792)保己一の温故堂塾頭となる。有職故実に通じ、また歌も能くし、その詠歌は一万余首に上る。著書に『蓬堂集』『尾張の家苞』等がある。文政4年(1821)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原正明 いしはら-まさあきら

1760-1821 江戸時代後期の国学者。
宝暦10年生まれ。寛政4年本居宣長(もとおり-のりなが)に入門。のち塙保己一(はなわ-ほきいち)に師事し,和学講談所の塾頭となり,「群書類従」の編集校訂に参加。有職(ゆうそく)故実と歌学にすぐれ,「新古今尾張廼家苞(おわりのいえづと)」で宣長の説を批判した。文政4年1月7日死去。62歳。尾張(愛知県)出身。通称は喜左衛門。号は蓬堂。著作はほかに「冠位通考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石原正明

没年:文政4.1.7(1821.2.9)
生年:宝暦10(1760)
江戸後期の国学者,有職故実家。初名は将聴。通称は喜左衛門,文内。蓬堂と号した。生年に異説あり。尾張国海東郡神守村(津島市)の農家に生まれたが,家業を好まず,河村秀根,神村正鄰,稲葉通邦らと共に『令義解』の研究に励んだ。有職の学に精通し,『冠位通考』『制度通考』などを著す。寛政4(1792)年本居宣長に入門したが,しばしば師の説を批判して尾張の門下で異彩を放った。特に『新古今集』の注釈書『尾張廼家苞』は宣長の『美濃廼家苞』に反対の説を立てたもので,正明の面目躍如たるものがあり,まさに「師の説なりとてかならずなづみ守るべきにもあらず」という宣長の教え(『玉勝間』の言葉)を実践しているといえよう。寛政末年に江戸に出て塙保己一に従い,その信頼を得,温故堂学頭として『群書類従』『類聚国史』の編纂校訂に尽力した。『年々随筆』『江戸職人歌合』などの著がある。<参考文献>森銑三「石原正明」(『森銑三著作集』7巻)

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしはらまさあきら【石原正明】

?‐1821(文政4)
江戸後期の国学者。尾張国海部郡の人。通称喜左衛門,号は蓬堂。1792年(寛政4)名古屋に出講した本居宣長に入門したが,のち江戸に出て塙保己一に師事,その塾頭となって《群書類従》の編纂を助け,和学講談所の運営にも加わった。その学は博覧卓見とくに有職故実に精通し,《冠位通考》などを著したが,和歌にも一見識を持ち,師の宣長の《美濃の家苞(いえづと)》を駁(ばく)した《尾張の家苞》は有名。【南 啓治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしはらまさあきら【石原正明】

1760?~1821) 江戸中・後期の国学者・歌人。尾張の人。号、蓬堂。初め宣長に師事、のち塙保己一はなわほきのいちに従い「群書類従」の編纂へんさんに携わる。歌は、新古今集を宗とした。著「制度通考」「年年随筆」「尾張廼家苞おわりのいえづと」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原正明
いしはらまさあきら

[生]宝暦10(1760).尾張
[没]文政4(1821).1.6. 名古屋
江戸時代後期の国学者。本居宣長,塙保己一に学ぶ。『群書類従』の編纂に参与。著書『尾張の家づと』『年々随筆』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石原正明 (いしはらまさあきら)

生年月日:1764年2月6日
江戸時代後期の国学者;有職故実家
1821年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android