石本鏆太郎(読み)いしもと かんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本鏆太郎 いしもと-かんたろう

1864-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
元治(げんじ)元年4月4日生まれ。石本権四郎(ごんしろう)の兄。清(しん)(中国)にわたり,日清・日露戦争に通訳として従軍。戦後,関東州でアヘンを製造販売し巨利をえて,炭坑,銀行,学校,新聞社などを経営,大連市長となる。大正4年衆議院議員(当選2回,憲政会)。昭和8年12月30日死去。70歳。土佐(高知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android