コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田名香雄 いしだなかお

3件 の用語解説(石田名香雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石田名香雄
いしだなかお

[生]1923.3.6. 新潟,上越
[没]2009.12.4. 宮城,仙台
細菌学者,元東北大学総長。1946年東北大学医学部を卒業,1951年助教授。1953年にインフルエンザウイルスと抗原性が異なる赤血球凝縮能をもつ新種のウイルスセンダイウイルス」を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしだ‐なかお〔‐なかを〕【石田名香雄】

[1923~2009]医学者。新潟の生まれ。ウイルス・細菌の研究に業績を残し、昭和28年(1953)にはセンダイウイルスを発見。制癌剤ネオカルチノスタチン(NCS)の開発でも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田名香雄 いしだ-なかお

1923-2009 昭和後期-平成時代のウイルス学者。
大正12年3月6日生まれ。昭和35年東北大教授となり,58年学長。のちインテリジェントコスモス研究機構社長。センダイウイルスの発見,抗がん剤ネオカルチノスタチンの開発などで知られる。62年学士院賞。日本細菌学会会長,日本ウイルス学会会長などをつとめた。平成21年12月4日死去。86歳。新潟県出身。東北帝大卒。共著に「抗ウイルス物質の世界」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石田名香雄の言及

【抗生物質】より

…日本では,世界にさきがけて実験動物腫瘍を用いて制癌抗生物質の探索を始め,この分野では世界の水準の先端にあるといえる。日本で発見され臨床的に用いられているものに,秦藤樹のカルチノフィリン(1954),マイトマイシン(1956),梅沢浜夫のブレオマイシン(1966),ペプロマイシン(1977),アクラシノマイシンA(商品名アクラルビシン,1977),立岡末雄のクロモマイシンA3(1955),石田名香雄のネオカルチノスタチン(1965)があり,とくにブレオマイシン,マイトマイシンは外国でもよく用いられている。外国で発見されたもので治療に用いられているものに,アクチノマイシンD,ダウノルビシン(商品名ダウノマイシン),ドキソルビシン(商品名アドリアシン)がある。…

※「石田名香雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石田名香雄の関連キーワード田英夫青木和夫菅野弘夫島田一男(2)杉岡碩夫辻隆辻広永沢満野平健一緑川亨

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone