コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鎚山脈 いしづちさんみゃく

4件 の用語解説(石鎚山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鎚山脈
いしづちさんみゃく

四国の北西部,四国山地西半の主体をなす山脈。北側を中央構造線の断層線が通り,特に四国中央市から西条市の間は,日本有数の壮大な石鎚断層崖を示す。南斜面では仁淀川吉野川上流の諸支流が流下する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いしづち‐さんみゃく【石鎚山脈】

愛媛県・高知県の境を東西に連なる山脈。四国山地の西半分を占め、東半分の剣(つるぎ)山地に対する。四国最高峰石鎚山のほかに笹ヶ峰(標高1859メートル)・伊予富士(標高1756メートル)・瓶(かめ)ヶ森(標高1896メートル)・堂ヶ森(標高1689メートル)などの山々がある。北側を中央構造線が走り石鎚山断層崖をつくっている。石鎚国定公園の中心。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県(高知県)〕石鎚山脈(いしづちさんみゃく)


四国山地の西半部を占める山脈。最高峰の石鎚山(標高1982m)を中心に、愛媛・高知両県にまたがる。石鎚山は古くから山岳信仰の中心。北側は中央構造線に面し、急斜面の断層崖(だんそうがい)が続く。南側は緩斜面をなし、仁淀(によど)川・吉野(よしの)川の源流が流出、浸食が激しく面河(おもご)渓などの渓谷をつくる。石鎚山北麓の西条市西之川下谷(しもだに)から成就(じょうじゅ)社まで登山ロープウエーとリフトで移動可。南麓の愛媛県久万高原(くまこうげん)町若山から山頂東方の土小屋(つちごや)(標高1500m)まで石鎚スカイラインが通じる。一部が石鎚国定公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鎚山脈
いしづちさんみゃく

高知・愛媛県境東部に連なる山脈。四国の脊梁(せきりょう)山脈の西半を占める。法皇(ほうおう)山脈から佐田岬半島に達する東西系上昇軸と、高縄半島から足摺(あしずり)岬に至る南北系上昇軸の地波が重なり石鎚山脈が形成された。第三紀の火山の侵食によってできた、鋭くそそり立つ岩峰もあるが、皿ヶ嶺(みね)、大森山、瓶(かめ)ヶ森などには準平原または化石準平原遺構がのっていて、なだらかな山容をみせる。しかし上昇量が大きい周辺では侵食の営力も強く働き、傾斜の大きい険しい谷が発達する。山脈の北側は中央構造線の断層でくぎられ、広大な急斜面帯が続く断層崖(がい)がそそり立っている。一方山脈の南面では、緩斜面が広く続き、外帯の三波川(さんばがわ)変成岩帯特有の山容をもった壮年期山地が続く。これらの山地は基盤の結晶片岩の上に湖成堆積物(たいせきぶつ)、火山性堆積物、溶岩などの石鎚第三系の地層をのせている。山脈の周囲では急勾配(こうばい)の回春谷が発達し、急流や滝が多い。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石鎚山脈の言及

【四国山地】より

…四国の中央部をほぼ東西に走る山地。一般には中央構造線以南の外帯山地をさし,石鎚(いしづち)山脈,剣(つるぎ)山地を脊梁とし,標高1000mをこえる山地が大部分を占めている。東端は紀伊水道,西端は豊後水道に臨み,それぞれリアス海岸を形成している。…

※「石鎚山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石鎚山脈の関連情報