コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鎚国定公園 いしづちこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鎚国定公園
いしづちこくていこうえん

愛媛県中部の石鎚山とその南斜面の面河渓を中心として,高知県境の伊予富士,筒上山,手箱山などを含む自然公園。面積 106.83km2。 1955年指定。山地は四国の尾根にあたって展望にすぐれ,シコクシラベの純林などの森林美,花崗岩の面河渓の渓谷美も広く知られる。西条市から石鎚山腹成就社までのロープウェーおよび面河渓関門から土小屋方面への石鎚スカイラインの開通により,登山,探勝は容易になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石鎚国定公園【いしづちこくていこうえん】

愛媛・高知2県にまたがり,石鎚山脈の一部を占める国定公園。面積106.83km2。1955年指定。石鎚山,伊吹山,筒上山,伊予富士,手箱山などを含み,北面には壮大な断層崖が発達,シコクシラベやコメツガの純林がみられ,ホシガラス,高山チョウ,カモシカ(特別天然記念物)が生息。面河渓(おもごけい)も含む。観光基地は西条市小松町(現・西条市)など。
→関連項目愛媛[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いしづちこくていこうえん【石鎚国定公園】

石鎚山脈を中心とする山岳公園。愛媛県と高知県にまたがる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県(高知県)〕石鎚国定公園(いしづちこくていこうえん)


四国山地西部の国定公園。愛媛・高知両県にまたがる。石鎚山(標高1982m)や面河(おもご)渓を中心とした地域。面積1万683ha。1955年(昭和30)指定。山岳・渓谷の自然景観に優れ、標高によって明瞭(めいりょう)な植物の垂直分布がみられる。山岳では石鎚山・手箱(てばこ)山・筒上(つつじょう)山・瓶ヶ森(かめがもり)、渓谷では面河渓・高瀑(たかだる)渓・雪瀑(ゆきだる)などが名所。公園内を観光道路の石鎚スカイラインが通る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鎚国定公園
いしづちこくていこうえん

四国山地中部の石鎚山、面河(おもご)渓を中心とした国定公園。1955年(昭和30)指定。愛媛県と高知県にまたがり、面積106.83平方キロメートル。主要景勝地として石鎚山をはじめ、堂ヶ森、瓶(かめ)ヶ森、子持権現(こもちごんげん)山、手箱山(てばこやま)などの山岳美と、面河渓、高瀑(たかだる)渓、雪瀑(ゆきたる)谷、番匠(ばんしょう)谷などの渓谷美がある。西日本の最高峰である石鎚山周辺には高山性動植物が多い。シコクシラベ、コメツガの純林、オモゴザサなどの植生、ホシガラス、ハクビシン、ヤマネ、イシヅチサンショウウオなどの動物や高山蝶(ちょう)などがあげられる。1968年石鎚神社表参道の西之川下谷から成就社(じょうじゅしゃ)下まで石鎚登山ロープウェーが完成、1970年には裏参道の久万高原(くまこうげん)町関門から標高1500メートルの土小屋まで石鎚スカイライン有料道路が開通した。宿泊、休憩施設も整備されている。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android