コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鼓文 せっこぶん Shi-gu-wen

4件 の用語解説(石鼓文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鼓文
せっこぶん
Shi-gu-wen

中国陝西省宝鶏県で初唐に 10個発見された碣 (かつ) の一種に刻された文字。石鼓の形はまんじゅう形で,もと 700字以上あったといわれるが,現存するものは 272字である。前5世紀頃,秦でつくられたと考えられ,現在北京の故宮博物院にあるという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっこ‐ぶん〔セキコ‐〕【石鼓文】

中国最古の刻石。戦国時代のものとされ、太鼓形の10個の石に秦篆(しんてん)に近い文字が刻まれている。北京の故宮博物院蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石鼓文【せっこぶん】

中国に現存する最古の石刻文。10個の太鼓状の石(高さ約90cm,直径約60cm)に刻してあるため,この名がある。製作年代は諸説あるが,戦国時代の秦で作られたとの説が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっこぶん【石鼓文 Shí gǔ wén】

中国に現存する最古の石刻文。唐初に陳倉(現,陝西省宝鶏市)で10個が発見され,高さ約90cm,直径約60cmの鼓形の石に刻まれているところから,この名がおこった。字体は小篆(しようてん)よりやや繁雑で,《説文解字》にのせる籀文(ちゆうぶん)に近い。内容は《詩経》に似た四字句の韻文で,現存する部分には狩猟をうたったものが多い。その製作時期については異説が多いが,戦国時代の秦でつくられたとするのが有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石鼓文の関連キーワード現存菅島千年家カレル橋ルプレヒト教会ハジュオズベクモスク永楽館浅草花やしき滋賀県長浜市北船町石刻文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石鼓文の関連情報