コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十帖冊子 さんじゅうじょうさっし

2件 の用語解説(三十帖冊子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十帖冊子
さんじゅうじょうさっし

空海が入唐中 (804~806) ,長安において写経生らを集めて書写させ,みずからも筆をとって持帰った経典の冊子。初め 38帖あったが失われ,30帖現存するのでこの名がある。蒔絵の冊子箱とともに国宝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三十帖冊子【さんじゅうじょうさっし】

空海が唐より帰国の際,随身秘蔵してきた経文の冊子本。書体は楷(かい)・行・草まちまちで,筆写には空海,橘逸勢(はやなり)のほか,唐の写経生も参加したと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

三十帖冊子の関連キーワード恵果阿闍梨請来目録入唐八家風信帖恵果久米寺入唐天空海闊高階遠成霊仙

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone