コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十帖冊子 さんじゅうじょうさっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十帖冊子
さんじゅうじょうさっし

空海が入中 (804~806) ,長安において写経生らを集めて書写させ,みずからも筆をとって持帰った経典の冊子。初め 38帖あったが失われ,30帖現存するのでこの名がある。蒔絵の冊子箱とともに国宝。仁和寺蔵。真言宗の秘宝とされている。紙本,製本は粘葉装 (でっちょうそう) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三十帖冊子【さんじゅうじょうさっし】

空海が唐より帰国の際,随身秘蔵してきた経文の冊子本。書体は楷(かい)・行・草まちまちで,筆写には空海,橘逸勢(はやなり)のほか,唐の写経生も参加したと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

三十帖冊子の関連キーワード研出蒔絵高野山胡蝶装真然草紙東寺無空

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android