コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砧青磁 きぬたせいじ

4件 の用語解説(砧青磁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砧青磁
きぬたせいじ

中国浙江省地方で南宋代に盛大に焼かれた,品質の高い青磁の日本特有の名称。名称の起源は千利休の所持していた「砧」という名の青磁花いけが著名であったためとも,また毘沙門堂旧蔵の『鳳凰耳砧青磁花生』と同類のものを総称したともいうが明確ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きぬたせいじ【砧青磁】

中国、竜泉窯で焼かれた青磁の一種。日本の茶人の命名。青磁の中で最上とされる。花入れ・茶碗などが現存。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砧青磁
きぬたせいじ

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省の竜泉窯で焼造された青磁の一種。浙江省の南部山岳地帯に位置する竜泉窯は北宋(ほくそう)時代に浙江省北部の越州窯の一窯として開かれたが、南宋時代になると越州窯系青磁にあわせて砧青磁を焼造し始めた。青く澄みきった粉青色の青磁釉(ゆう)が厚くかかった絶妙な砧青磁は、南宋時代に浙江省の杭州(こうしゅう/ハンチョウ)市に築かれた南宋官窯の青磁の強い影響を受けて創始されたと考えられる。現在の考古資料を集合すると、13世紀初頭の遺跡から出土し始めるところから、12世紀末には砧青磁の焼製が始まっていたと思われる。南宋官窯に従って、器形には中国古代の銅器・五器が投影し、とくに文人や官僚など文化人の愛玩(あいがん)具となった。砧青磁の最盛期はむしろ元(げん)時代であり、明(みん)前期の15世紀にも焼き継がれた。砧青磁の呼称は日本の茶人の命名であり、典型作の砧形花生(はないけ)や、紀州徳川家伝来の砧形花生に由来するという説があるが、さだかではない。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の砧青磁の言及

【青磁】より

… 北宋後期になると越州窯は衰退し,それにかわって浙江南部の竜泉窯で青磁がつくりはじめられ,南宋,元,明,清以降,今日に至るまで,中国青磁の中心となっている。初期のものは,越州窯青磁に似たものを生産していたが,南宋時代には,粉青色のすばらしい釉調をたたえた砧(きぬた)青磁を生みだした。日本にも大量に輸出され,〈大内筒〉(豊臣秀吉所持)や〈万声〉,〈馬蝗絆〉(足利義政所持)などの優品が伝世している。…

【陶磁器】より

…越州窯は北宋時代も盛んに焼造をつづけるが,北宋後期には浙江南部の竜泉窯が青磁生産の中心となり,宋・元・明代の約500年間活発に生産を行っていく。日本にも大量に輸出され,砧(きぬた)青磁,天竜寺青磁,七官青磁などと呼ばれている。五代には江西省の景徳鎮窯が白磁を生み出し,やがて11,12世紀ころ青白磁(インチン)といわれる青みを帯びた白磁が湖田窯でつくり出され,竜泉窯の青磁とならんで重要な貿易陶磁となる。…

【竜泉窯】より

…北宋の竜泉窯は越州窯系青磁の系譜を受けた作品をおもに生産し,施文も刻花文などが多い。南宋には,日本の茶人に愛された砧(きぬた)青磁をつくりだし,中国国内ばかりでなく,日本や東南アジア,西アジアにも広く輸出された。玉のごとき粉青色の釉調を呈し,文様を施さないものが多い。…

※「砧青磁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone