破廉恥罪(読み)はれんちざい

日本大百科全書(ニッポニカ)「破廉恥罪」の解説

破廉恥罪
はれんちざい

破廉恥な動機により犯される犯罪。殺人、強窃盗、放火などの罪が一般にこれにあたる。破廉恥な動機とは、道徳的または倫理的に非難されるべき動機をいうものと解されている。これに対して、非破廉恥的な動機による場合を「非破廉恥罪」という。日本の刑法は両者の区別を明確にはしていないが、刑罰の面から自由刑を懲役刑と禁錮刑とに区別しているところから、両者の区別を前提としているものと解されている。すなわち、内乱罪(刑法77条~79条)、業務上失火・重過失失火罪(同法117条の2)などが懲役刑ではなく禁錮刑を法定し、また、それ以外の罪にも禁錮刑を選択刑として法定している場合には、このような非破廉恥罪と破廉恥罪との区別があるものと解されうる。しかし、両者の区別は不明確であるばかりでなく、この区別を前提として自由刑を二元化することには反対も多い。

[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「破廉恥罪」の解説

はれんち‐ざい【破廉恥罪】

〘名〙 道義的に非難される犯罪の総称。たとえば、強姦罪、殺人罪、放火罪など。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「唯其れが破廉耻罪(ハレンチザイ)で無いから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android