コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁石茶 ごいしちゃ

飲み物がわかる辞典の解説

ごいしちゃ【碁石茶】


高知県大豊町で独特の製法で作られる日本茶後発酵茶の一種。夏場に成長した葉を摘み、蒸した後、むしろをかけてかびによる一次発酵、に詰めて乳酸菌による二次発酵を行い、3cm角程度に切って天日乾燥する。水色(すいしょく)は褐色で、酸味が特徴。乳酸菌とカテキンが豊富に含まれているため、近年は便秘改善、コレステロール値の低下など、体質改善の効能が注目されている。◇発酵した茶葉は黒く、乾燥の際、むしろの上に並べた様子が黒い碁石のようにみえることから。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

碁石茶

 後発酵茶の一つで,高知地方で主に生産される.茶葉を蒸し1週間ほど堆積したあと,桶の中で微生物により発酵させ乾燥して製品とする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

碁石茶の関連キーワード高知県長岡郡大豊町川口高知県長岡郡大豊町阿波晩茶磚茶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碁石茶の関連情報