確然(読み)かくぜん

精選版 日本国語大辞典「確然」の解説

かく‐ぜん【確然】

〘形動ナリ・タリ〙 物事がはっきりとして確かなさま。しっかりと定まっているさま。確固
※延慶本平家(1309‐10)一本「皇后(クヮク)然として飜らず」
※漂荒紀事(1848‐50頃)三「如此区別すと雖確然ならず」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一八「それに確然(カクゼン)たる契約のない事だからと云ふんです」 〔後漢書‐張楷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「確然」の解説

かく‐ぜん【確然】

[ト・タル][文][形動タリ]たしかで、はっきりしたさま。確固。
「引っ掻いても―たる手答がない」〈漱石吾輩は猫である
[類語]確かはっきり確実正確的確明確精確安全定か明らか明白確固必至必然必定最右翼本命有力鉄板

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「確然」の解説

【確然】かくぜん

確乎。〔漢書、師丹伝〕國に端にして、患みず、を執り、法に據り、の制をにし、確然として石の固(かた)めり。~稷(しやしよく)のと謂ふべし。

字通「確」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android