必至(読み)ひっし

精選版 日本国語大辞典「必至」の解説

ひっ‐し【必至】

〘名〙
① (形動) ずその事が到来すること。必ずそうなること。また、そのさま。必然。〔邇言便蒙抄(1682)〕
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一六「程なく必(ヒッシ)に困窮なし」 〔史記‐嘗君伝〕
② =ひっし(必死)③〔新時代用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「必至」の解説

ひっ‐し【必至】

[名・形動]
必ずその事がやってくること。そうなるのは避けられないこと。また、そのさま。「組織の分裂は必至である」
必死3
[類語]必然確実正確的確明確確か精確安全はっきり定か明らか明白確固確然必定最右翼本命有力鉄板必ず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「必至」の解説

【必至】ひつし

かならず~となる。決意する。〔漢書、通伝〕猛虎與(いうよ)するは、(ほうたい)(や、さそり)の(かく)(毒)を致すに如(し)かず。孟(まうほん)(古の勇者)の疑(こぎ)するは、子の必至なるに如かず。

字通「必」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の必至の言及

【将棋】より

…詰めろともいう。 必至受け手のない詰めよで,次の手で必ず詰む。 指し切り攻め続けているうち,相手の受けによって後続の攻めの手段がなくなった状態。…

※「必至」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android