必至(読み)ヒッシ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
必ずその事がやってくること。そうなるのは避けられないこと。また、そのさま。「組織の分裂は必至である」
必死3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 必ずその事が到来すること。必ずそうなること。また、そのさま。必然。〔邇言便蒙抄(1682)〕
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一六「程なく必至(ヒッシ)に困窮なし」 〔史記‐孟嘗君伝〕
② =ひっし(必死)③〔新時代用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の必至の言及

【将棋】より

…詰めろともいう。 必至受け手のない詰めよで,次の手で必ず詰む。 指し切り攻め続けているうち,相手の受けによって後続の攻めの手段がなくなった状態。…

※「必至」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

必至の関連情報