コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐梯式噴火 ばんだいしきふんか

3件 の用語解説(磐梯式噴火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐梯式噴火
ばんだいしきふんか

山体崩壊を主とする噴火形式の一つ。1888年に起こった磐梯山の爆発のように,長期間休止していた火山が水蒸気爆発を起こし,火山体を構成していた岩石を放出して山体崩壊を引き起こす。新しいマグマの噴出はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

磐梯式噴火【ばんだいしきふんか】

1888年7月15日に起こった磐梯山の爆発によって代表される特殊な噴火形式。長く活動を休止して火口道が閉じられていた火山に起こる水蒸気爆発で,溶岩は全く見られず,水蒸気を主とする火山ガスと火山体の破片だけが放出される。
→関連項目噴火

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐梯式噴火
ばんだいしきふんか

福島県磐梯山の1888年(明治21)7月15日の水蒸気爆発を典型とする特殊な噴火形式。長い休眠で火道が閉じられていた火山で、おもに地下水が熱せられて生じた水蒸気により、山体を破壊して既存の岩石土砂を噴出し、マグマから直接由来した新溶岩は出さない。この磐梯山の噴火は1082年ぶりで、数日前から弱い地震が感じられ、数十分前から鳴動や強震が連続しただけで、突発し、かつ、わずか2時間内に約20回激烈な爆発を反復して、終息した。山体北部の小磐梯山が崩壊し、岩屑(がんせつ)流で惨害(死者461人)を出した。また、この種の爆発によるものとしては例外的に大きい、直径2キロメートルものカルデラを生じた。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

磐梯式噴火の関連キーワード単元株制度民事再生法生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議オウム真理教事件契丹文字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone