コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強震 キョウシン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しん〔キヤウ‐〕【強震】

強い地震。
地震の強さの旧階級。壁に割れ目ができ、墓石が倒れ、煙突が壊れるほど強いものとされ、震度5にあたった。→震度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしん【強震】

強い地震動。
従来、震度 5 にあたるとされた地震。 → 震度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強震の関連キーワードミルン(John Milne)地震・津波観測監視システム地震調査研究推進本部全国地震動予測地図新潟県中越沖地震日本海中部地震地震調査委員会メキシコ地震地震観測網磐梯式噴火耐震構造高層建築武藤 清関谷清景Fnet強震計割れ目ミルン地震計震度階

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強震の関連情報