コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社学 しゃがくshe-xue; shê-hsüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社学
しゃがく
she-xue; shê-hsüeh

中国の郷村教化機関。南宋頃に起源し,明・清代に大いに発達した。明では国費によって経営される国学郷学 (府州県学) のほかに,地方郷村の子弟を教育するために社学の設立を奨励した。清でも府州県学の存在しない地に設けられ,近村人民の 12~20歳の子弟の教育を担当した。このように社学は郷村を基盤として存立するものであったが,政府の保護監督も強かったので,自治的な性格は次第に薄れていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃがく【社学 Shè xué】

中国,明代に地方民間の子弟を教育するために設けられた学校。元代,50戸を単位とする地方自治組織〈社〉に設けられた学校に端を発する。明初,洪武帝は,府・州・県学などの官学の不備を補うため,社学を積極的に普及しようとした。教員は在地の下級読書人,学生は中流以下の家庭の子弟で,教課内容も,《小学》《孝経》,四書程度のごく簡単なものであったらしい。明中葉以後は廃れてしまった。【小野 和子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

社学の関連キーワード超難問ナンプレ&頭脳全開数理パズルはなまるきっず いっしょ!コース上沼恵美子のおしゃべりクッキングはなまるきっず まなびいずコースはなまるきっず のびのびコース中村 歌右衛門(5代目)滋賀県近江八幡市市井町学研ホールディングス超特大版漢字ナンクロWATCH NAVI日ペンの美子ちゃんルックアットスターナンパラスペシャルロジックパラダイス声優アニメディアイラストパズルメガミマガジンナンプレJoyTV LIFE実践障害児教育

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社学の関連情報