コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社学 しゃがくshe-xue; shê-hsüeh

2件 の用語解説(社学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社学
しゃがく
she-xue; shê-hsüeh

中国の郷村教化機関。南宋頃に起源し,明・清代に大いに発達した。明では国費によって経営される国学,郷学 (府州県学) のほかに,地方郷村の子弟を教育するために社学の設立を奨励した。清でも府州県学の存在しない地に設けられ,近村人民の 12~20歳の子弟の教育を担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃがく【社学 Shè xué】

中国,明代に地方民間の子弟を教育するために設けられた学校。元代,50戸を単位とする地方自治組織〈社〉に設けられた学校に端を発する。明初,洪武帝は,府・州・県学などの官学の不備を補うため,社学を積極的に普及しようとした。教員は在地の下級読書人,学生は中流以下の家庭の子弟で,教課内容も,《小学》《孝経》,四書程度のごく簡単なものであったらしい。明中葉以後は廃れてしまった。【小野 和子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社学の関連情報