コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社学 しゃがく she-xue; shê-hsüeh

2件 の用語解説(社学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社学
しゃがく
she-xue; shê-hsüeh

中国の郷村教化機関。南宋頃に起源し,明・清代に大いに発達した。明では国費によって経営される国学,郷学 (府州県学) のほかに,地方郷村の子弟を教育するために社学の設立を奨励した。清でも府州県学の存在しない地に設けられ,近村人民の 12~20歳の子弟の教育を担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃがく【社学 Shè xué】

中国,明代に地方民間の子弟を教育するために設けられた学校。元代,50戸を単位とする地方自治組織〈社〉に設けられた学校に端を発する。明初,洪武帝は,府・州・県学などの官学の不備を補うため,社学を積極的に普及しようとした。教員は在地の下級読書人,学生は中流以下の家庭の子弟で,教課内容も,《小学》《孝経》,四書程度のごく簡単なものであったらしい。明中葉以後は廃れてしまった。【小野 和子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

社学の関連キーワード岡田濯水事審官藩学イートンカレッジ育英教育召集国子学采詩村塾小松千年

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社学の関連情報