六諭(読み)りくゆ(英語表記)Liu-yu; Liu-yü

  • ▽六諭
  • ろくゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,太祖洪武帝の発布した6ヵから成る教育勅語。すなわち,「父母孝順なれ,長上を尊敬せよ,郷里和睦せよ,子孫教訓せよ,おのおの生理に安んぜよ,非為をなすことなかれ」をいう。これを明末の范こうが解説したものが『六諭衍義 (えんぎ) 』で清代にも流布し,琉球を経て日本にも伝わり,明治の教育勅語にも影響を与えた。日本には室鳩巣の『六諭衍義大意』 (1722) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

中国、太祖朱元璋)が1397年、民衆教化のために発布した教訓。「父母に孝順にせよ、長上を尊敬せよ、里に和睦せよ、子孫を教訓せよ、各々生理に安んぜよ、非為をなすなかれ」の六言。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1398年、中国、明(みん)の太祖朱元璋(しゅげんしょう)の民衆教化の勅撰(ちょくせん)書『教民榜文(ぼうぶん)』41条中、第19条のいわゆる「聖諭六言」をいう。すなわち「父母ニ孝順ニセヨ、長上ヲ尊敬セヨ、郷里ニ和睦(わぼく)セヨ、子孫ヲ教訓セヨ、各々生理ニ安ンゼヨ、非為ヲ作(な)ス毋(なか)レ」の六言で、これをのちに六諭と称した。この『教民榜文』はもともと里甲制にかかわる諸規定、教条であり、里甲制が弛緩(しかん)、解体に向かうにつれて空文化していったが、その過程でかえって六諭だけが嘉靖(かせい)年間(1522~66)以来、郷約と結び付いて、郷村における民衆教化の聖訓として広く宣布され、清(しん)代にも盛行をみるに至った。つまり、専制下における里甲制的秩序から地主制的秩序への移行に伴ってこれの盛行がみられるのである。范鋐(はんこう)が著した『六諭衍義(えんぎ)』はその解説書である。

[溝口雄三]

『酒井忠夫著『中国善書の研究』(1960・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国の明の太祖朱元璋(洪武帝)がのこした六か条の教訓。洪武三一年(一三九八)に民衆教化の目的で宣布した告示文に見える「孝順父母、尊敬長上、和睦郷里、教訓子孫、各安生理、毋非為」の六つで、明末ごろから郷約の中などで利用され、清に入ってこの名で呼ばれて広く頒行されたが、范鋐(はんこう)の「六諭衍義」が伝わるに及んで日本でも知られるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

明の洪武が民衆教化のためにつくった教訓
父母への孝順,長上への尊敬,郷里との和睦,子孫への教訓,おのおのその分に安んずること,不正をしないことの6か条からなる。里ごとに木鐸 (ぼくたく) 1個を備えさせ,里老人に毎月6回これを唱えさせながら巡回させた。清でも康熙 (こうき) 帝はこれにならって聖諭をつくった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の六諭の言及

【六諭衍義】より

…中国,明の太祖が1397年(洪武30)発布した6項目の聖諭,すなわち六諭に対する解説書。明末ごろの人,会稽(浙江省紹興市)の范鋐(はんこう)(字は声皇あるいは縉雲)が著した。…

※「六諭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android