コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神役 しんやく

大辞林 第三版の解説

しんやく【神役】

神に仕える役目の人。神官。神職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神役の言及

【厄】より

… 厄の意味や内容が拡大されてくると,正体不明の者や迷惑のかかる者までも払いの対象となってくるが,元来,厄は役に通じていたとみることができる。神祭に特定の任務をもつ者を神役といい,村の政治を担う者を村役というのがそれで,彼らは集団の秩序を維持してその目的を達成させるための重要な役割をもっているから,身を慎む緊張した生活を送らねばならなかった。そのために身に災難がふりかかりやすい状態におかれたといえよう。…

※「神役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

神役の関連キーワードアラセツ[秋名]ひらせまんかい神人(じにん)室根神社大祭理性の崇拝三ツ矢雄二シヌグ忌籠祭葛原牧清明祭プール海神祭ヒノキ胴上げゆた月経競技氏子厄年山田

神役の関連情報