コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸城 かんべじょう

1件 の用語解説(神戸城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

かんべじょう【神戸城】

三重県鈴鹿市にあった戦国時代から江戸時代にかけての平城(ひらじろ)。戦国時代には伊勢国北部の拠点となった城で、江戸時代には、神戸藩の藩庁が置かれた城である。同県指定史跡。天文年間(1532~55年)に、神戸具盛(神戸氏第4代)が築城し、神戸城の南西約500mにあった澤城(神戸西城)から居城を移した。1568年(永禄11)の織田信長による伊勢侵攻で、城主の神戸具盛は信長三男の信孝を養子(嫡子)として迎えいれることで信長と和睦した。1580年(天正8)、神戸(織田)信孝は城の改修を行い、野面積みの天守台に金箔瓦を用いた5重6階の大天守を築いた。この天守は、北東に小天守と南西に付櫓(つけやぐら)がある複合連結式であったことが確認されている。城主の信孝は本能寺の変後、岐阜城に移ったが豊臣秀吉と対立し、兄の北畠(織田)信雄によって尾張野間で自刃させられた。その後、信孝が築いた神戸城の天守は1595年(文禄4)に解体され、桑名城(桑名市)に移築され三重櫓(神戸櫓)となった。天正年間(1573~93年)には、生駒親正、滝川雄利、水野忠重が城主をつとめたが、1600年(慶長5)の関ヶ原の戦い時には滝川雄利が城主として返り咲いていた。雄利は西軍(豊臣方)に属したため、戦後に改易となり、一柳直盛が5万石で入封・入城した。直盛は1636年(寛永13)に伊予国(愛媛県)の西条藩に国替えとなり、旧領は天領となったことから、城は廃城・破却処分となった。1650年(慶安3)、石川総長が1万石で当地に封じられて神戸藩が再興され、1732年(享保17)には本多忠統(ただむね)が2万石で封じられた。忠統はしばらくの間、陣屋を居館としていたが、1746年(延享3)に幕府から築城の許可を得て城の再建に着手し、その2年後に完成させた。以降、明治維新に至るまで、本多氏が7代にわたって同城を居城とした。1875年(明治8)、神戸城は廃城・解体処分となった。現在、旧本丸など城の中心部は神戸公園、二の丸跡は、三重県立神戸高等学校の敷地になっている。神戸公園内には天守台の遺構が現存している。また、神戸城の太鼓櫓が市内の蓮花寺に移築され鐘楼として現存している。また、大手門四日市市の顕正寺の山門として残っている。近鉄鈴鹿線鈴鹿市駅から徒歩約10分。◇本多氏により再建された城であることから、本多城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸城の関連キーワード石薬師庄野伝馬役能褒野鈴鹿国際大学不断桜椿大神社鈴鹿サーキット モートピア鈴鹿市文化会館HUNTER

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone