コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田乃武 かんだないぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神田乃武
かんだないぶ

[生]安政4(1857).2. 江戸
[没]1923.12.30. 東京
明治の英語教育家。幼名松井信次郎。明治1 (1868) 年神田孝平養子になる。 1872年アメリカ留学ののち,79年帰国。東京大学東京高等商業学校 (現一橋大学) ,東京外国語学校 (現東京外国語大学) など多くの学校で英語教育にあたり,また中等学校英語教科書を編集するなど,英語教育,英学の発展に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんだ‐ないぶ【神田乃武】

[1857~1923]英語学者・教育者。江戸の生まれ。日本の英語学の発達に尽力し、辞書・教科書を著した。正則予備校の創立者。貴族院議員。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神田乃武 かんだ-ないぶ

1857-1923 明治-大正時代の英語学者。
安政4年2月27日生まれ。神田孝平の養子。明治4年森有礼にしたがいアメリカに留学。帝国大学,高等商業(現一橋大)の教授,東京外国語学校(現東京外大)初代校長などをつとめた。英語教科書や辞書を編集して日本の英語教育の基礎づくりに貢献した。貴族院議員。大正12年12月30日死去。67歳。江戸出身。アマースト大卒。本姓は松井。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんだないぶ【神田乃武】

1857~1923) 英語学者・教育者。東京の人。孝平の養子。東大教授。教科書・辞書(袖珍コンサイス英和辞典)を著し、日本英語学の発達に尽くした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神田乃武
かんだないぶ
(1857―1923)

英学者、英語教育家。江戸の幕臣の子として生まれたが、蘭学(らんがく)者神田孝平の養子となり、1873年(明治6)渡米、アマースト大学卒業、1879年帰国。帝国大学(現、東京大学)教授、高等商業学校(現、一橋大学)教授、東京外国語学校(現、東京外国語大学)初代校長などを務めるとともに、英語教科書(中等学校用クラウンリーダーや文典)、辞書(コンサイス英和辞典の祖など)を編纂(へんさん)、日本の英学・英語教育の基盤を築くうえで多大な功績を残した。その英語は、スピーチも書簡もまことに自然で上品であったと伝えられる。直接教えを受けた者に夏目漱石(そうせき)、岡倉由三郎(よしさぶろう)、上田貞次郎(ていじろう)らがいる。養父を継ぎ男爵となり、貴族院議員やワシントン軍縮会議(1921)の全権徳川家達(いえさと)に随行する顧問も務めた。[菊地康人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神田乃武の言及

【英語】より

…当時の英語学習は,英語を介して西欧事情に通じ,西欧の学問,知識を吸収するのが目的であったから(しかもそれも書物によらざるを得なかった),したがってその教授・学習法は訳解が中心で,ちょうど漢文の〈返り点・送りがな〉方式に似ていた(このやり方はのちに変則英語教育と呼ばれた)。明治中期には,神田乃武(ないぶ),斎藤秀三郎,外山正一らによって,発音・会話と直読直解を重視する正則英語教育が唱えられ,正則英語学校の開設(1896)や,外山の《正則文部省英語読本》とその解説書の発刊を見た。だが,当時もまだ英語は知識吸収の媒体としての性格が相変わらず強く,大勢としては訳読による理解が中心で,英語での発表の教育はまったく不十分であった。…

【神田孝平】より

…また,考古学界の先駆者としても知られ,東京人類学会初代会長(1887‐95)を務めた。英学者の神田乃武は養嗣子。【佐藤 能丸】。…

※「神田乃武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神田乃武の関連キーワード神田 孝平1月27日大正時代向 軍治YMCA山口鍖太高木八尺河津暹向軍治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android