コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉由三郎 おかくらよしさぶろう

6件 の用語解説(岡倉由三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡倉由三郎
おかくらよしさぶろう

[生]明治1(1868)
[没]1936
英語学者。天心の弟。東京高等師範学校教授。英語教育に力を入れ,日本で最初のラジオ放送による初等英語講座を担当。『新英和大辞典』 (1927) を監修。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかくら‐よしさぶろう〔をかくらよしサブラウ〕【岡倉由三郎】

[1868~1936]英語学者。横浜の生まれ。天心の弟。東京高師教授。英語の教育と普及に尽力。編著「新英和大辞典」「発音学講話」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉由三郎 おかくら-よしさぶろう

1868-1936 明治-昭和時代前期の英語学者。
慶応4年2月22日生まれ。岡倉天心の弟。岡倉士朗の父。明治30年高等師範教授となり,福原麟太郎(りんたろう)らをそだてた。大正14年からわが国ではじめてラジオの英語講座を担当。また市河三喜とともに「英文学叢書」を監修し,「新英和大辞典」を編集した。昭和11年10月31日死去。69歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。帝国大学卒。著作に「英語教育」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかくらよしさぶろう【岡倉由三郎】

1868‐1936(明治1‐昭和11)
言語学者,英語英文学者。天心の弟。1887年帝国大学文科大学選科に入学,博言学(言語学)をB.H.チェンバレンに,英語をJ.M.ディクソンについて修める。96年高等師範学校奉職。はじめ言語学をもっぱら研究し,99年新村出らと《言語学雑誌》を発刊する。1902‐05年ドイツイギリスに留学。在英中に行った日本文化に関する講演がG.メレディスの序文を付して英文著作《日本の精神The Japanese Spirit》(1905)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかくらよしさぶろう【岡倉由三郎】

1868~1936) 英語学者。横浜生まれ。天心の弟。東京高師教授。英語教育で、それまでの訳読主義に対して新教授法を提唱、実践した。編著「新英和大辞典(通称「岡倉英和」)」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡倉由三郎
おかくらよしさぶろう
(1868―1936)

英語学者、英文学者。横浜に生まれる。岡倉天心の弟。5歳のとき東京に移る。漢学塾、英学塾その他で修業し、帝国大学文科大学(東京大学の前身)選科に入学、得業士の学位を得て卒業。朝鮮の京城(ソウル)で日本語を教え、鹿児島の造士館(後の第七高等学校)の教授を経て、1902年(明治35)から3年間、イギリス、フランス、ドイツに留学し、英語、言語学などを研究。帰国後東京高等師範学校の教授を務め、25年(大正14)の定年退職後は立教大学教授となった。晩年には「ベーシック英語」に専心、これを英語教育に利用しようとしたが、その準備がほぼ整ったころ死去した。ラジオによる英語講座や英和辞典の編纂(へんさん)など、英語の普及に業績があった。[宮田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡倉由三郎の言及

【英語】より

…だが,当時もまだ英語は知識吸収の媒体としての性格が相変わらず強く,大勢としては訳読による理解が中心で,英語での発表の教育はまったく不十分であった。その中で,東京,大阪などの外国語学校,高等商業学校,英・米人宣教師の多いキリスト教系の学校などで会話や発音にも重きが置かれた教育が行われるようになり,また高等師範学校や津田梅子創立(1900)の女子英学塾(津田塾大学の前身)などで日本人英語教師が養成されるにいたり,明治末ころには従来用いられた英・米の教科書に代わって自前の教科書や各種辞典,文典が発刊され,岡倉由三郎らの英語教授法を論じた著作も世に出た。 1913年には第1回英語教育大会が開かれたが,大正中期以降学校教育における英語教育の存廃がたびたび論じられるようになった。…

※「岡倉由三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡倉由三郎の関連キーワードイェスペルセングリムスウィート数理言語学ブルームフィールド文学者サウンディングズ英語英米文学会魚返善雄安井稔Schmidt,J.(言語学者)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡倉由三郎の関連情報