禅室(読み)ゼンシツ

大辞林 第三版の解説

ぜんしつ【禅室】

座禅、または仏道修行をする部屋。
禅僧の部屋。
禅宗で、住持をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐しつ【禅室】

〘名〙
① 坐禅をする部屋。禅定(ぜんじょう)を修める部屋。仏道を修行する室。
※文華秀麗集(818)中・扈従梵釈寺、応製〈藤原冬嗣〉「法堂寂寂煙霞外、禅室寥寥松竹間」 〔晉書‐単道開伝〕
② 禅僧の居室。
禅宗で、住持の室(方丈)をいい、転じて住持をいう。
④ 出家した貴人を敬っていう語。
※小右記‐治安元年(1021)一〇月二四日「入道禅室呼中将事由

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の禅室の言及

【寺院建築】より

…塔は伽藍後方に建てられ,安楽寺塔(上田市)は唐様(禅宗様)による八角三重裳階つきの珍しい例である。座禅修行の場である僧堂(禅室)や清浄のための浴室,東司(とうす)(便所)は東福寺に実例がある。書院などに二階建ての楼もできた。…

※「禅室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android