コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禊萩/溝萩 ミソハギ

1件 の用語解説(禊萩/溝萩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みそ‐はぎ【××萩/×萩】

《「みぞはぎ」とも》ミソハギ科多年草。山野の湿地に群生し、高さ約1メートル。茎は直立し、葉は広披針形で先がとがり、対生する。8、9月ごろ、紅紫色の小花を穂状につける。全草を干して下痢止めの薬とし、また、盂蘭盆会(うらぼんえ)に盆花とする。千屈菜。精霊花(しょうりょうばな)。みずかけぐさ。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禊萩/溝萩の関連キーワードミソハギ科猫萩姫萩禊萩・溝萩きかし草仙台萩溝繁縷ミソハギヒメミソハギエゾミソハギ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone