コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禊萩/溝萩 ミソハギ

デジタル大辞泉の解説

みそ‐はぎ【××萩/×萩】

《「みぞはぎ」とも》ミソハギ科の多年草。山野の湿地に群生し、高さ約1メートル。茎は直立し、葉は広披針形で先がとがり、対生する。8、9月ごろ、紅紫色の小花を穂状につける。全草を干して下痢止めの薬とし、また、盂蘭盆会(うらぼんえ)に盆花とする。千屈菜。精霊花(しょうりょうばな)。みずかけぐさ。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

禊萩 (ミソハギ・ミゾハギ)

学名:Lythrum anceps
植物。ミソハギ科の多年草,園芸植物,薬用植物

禊萩 (ミソハギ)

植物。秋田村草の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

禊萩/溝萩の関連キーワード草市(盆)長谷川芳明禊萩・溝萩植物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android