コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福祉労働 ふくしろうどう

1件 の用語解説(福祉労働の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしろうどう【福祉労働】

社会福祉にかかわる職務や実践を労働という観点からみるときに福祉労働(あるいは社会福祉労働)という。この用語は,いうまでもなく20世紀以降の社会福祉事業の成立と発展,その制度化と専門分化を背景として登場するものであり,日本では,社会福祉にたずさわる職業集団が一定程度の形成をみるに至った1960年代の後半に,社会福祉施設改善運動の高揚とともに,しだいに一般化したようである。そしてそこでは,社会福祉の職務を明確に労働という概念でとらえ,社会福祉従事者を労働者の一部として位置づけるとともに,その労働の固有の性格あるいは特殊性を明らかにすることが意図されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福祉労働の関連キーワード社会福祉協議会社会福祉事業法社会福祉施設福祉事務所社会福祉法人全国社会福祉協議会社会福祉主事嶋田啓一郎竹内愛二仲村優一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福祉労働の関連情報