秋川渓谷(読み)あきがわけいこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋川渓谷
あきがわけいこく

東京都西部,檜原村とあきる野市にわたる渓谷多摩川の支流秋川の水源部から谷口までにわたり,上流は北秋川,南秋川に分れ,檜原本宿で合流。北秋川流域には神戸岩 (かのといわ) の奇勝,合流点近くには沸沢 (ほっさわ) の,合流後も急流や滝,深淵があり,都民レクリエーションの好適地。秩父多摩甲斐国立公園秋川丘陵都立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋川渓谷
あきがわけいこく

東京都西部を流れる多摩川の支流、秋川のうち、あきる野市網代(あじろ)橋付近から檜原村(ひのはらむら)に及ぶ渓谷。三頭(みとう)山(1531メートル)を源として、北秋川と南秋川に分かれ、檜原村本宿(もとしゅく)で合流して秋川となる。関東山地をうがち、各所に渓谷美を呈する。キャンプ場などの施設も整い、川遊び、アユ、ヤマメ、ハヤなどの釣りが楽しめる。渓谷のうち、JR五日市線の武蔵(むさし)五日市駅西方の小和田(こわだ)橋から乙津(おつ)橋の間が、もっとも親しまれている。武蔵五日市駅から上流各地にバスが通じる。

[沢田 清]

『甲野勇著『東京秘境秋川渓谷』(1963・校倉書房)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例