コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋川渓谷 あきがわけいこく

5件 の用語解説(秋川渓谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋川渓谷
あきがわけいこく

東京都西部,檜原村とあきる野市にわたる渓谷。多摩川の支流秋川の水源部から谷口までにわたり,上流は北秋川,南秋川に分れ,檜原村本宿で合流。北秋川流域には神戸岩 (かのといわ) の奇勝,合流点近くには沸沢 (ほっさわ) の滝,合流後も急流や滝,深淵があり,都民のレクリエーションの好適地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきがわ‐けいこく〔あきがは‐〕【秋川渓谷】

東京都西部、多摩川上流の秋川にある渓谷。秋川のうち、西多摩郡檜原(ひのはら)村からあきる野市網代(あじろ)付近まで西東に発達した谷。各所に景勝地があり、渓流はアユヤマメなどの宝庫。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あきがわけいこく【秋川渓谷】

東京都西部、多摩川の支流秋川の渓谷。五日市いつかいちから檜原ひのはら村に及ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕秋川渓谷(あきがわけいこく)


東京都西部、多摩(たま)川支流の秋川上流部にある渓谷。北秋川と南秋川の2支流にまたがる。神戸(かのと)岩・払沢(ほっさわ)の滝などの景勝が各所にある。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。マス釣り場やキャンプ場が散在し、首都圏からの行楽客が多い。アユ・ヤマメ釣りも盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋川渓谷
あきがわけいこく

東京都西部を流れる多摩川の支流、秋川のうち、あきる野市網代(あじろ)橋付近から檜原(ひのはら)村に及ぶ渓谷。三頭(みとう)山(1531メートル)を源として、北秋川と南秋川に分かれ、檜原村本宿(もとしゅく)で合流して秋川となる。関東山地をうがち、各所に渓谷美を呈する。キャンプ場などの施設も整い、川遊び、アユ、ヤマメ、ハヤなどの釣りが楽しめる。渓谷のうち、JR五日市線の武蔵(むさし)五日市駅西方の小和田(こわだ)橋から乙津(おつ)橋の間が、もっとも親しまれている。武蔵五日市駅から上流各地にバスが通じる。[沢田 清]
『甲野勇著『東京秘境秋川渓谷』(1963・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋川渓谷の関連キーワードあきる野東京都西多摩郡檜原村小沢東京都あきる野市乙津東京都西多摩郡檜原村数馬東京都西多摩郡檜原村神戸東京都西多摩郡檜原村南郷東京都西多摩郡檜原村樋里東京都西多摩郡檜原村藤原東京都西多摩郡檜原村人里東京都西多摩郡檜原村本宿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋川渓谷の関連情報