コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田油田 あきたゆでん

2件 の用語解説(秋田油田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

秋田油田【あきたゆでん】

秋田県の日本海岸にある油田。1933年試掘に成功し日本最大の油田となった。雄物(おもの)川河口付近の八橋(やばせ)をはじめ,若美町(現・男鹿市)の申川(さるかわ),仁賀保(にかほ)町(現・にかほ市)の院内などに油田があり,海底油田の開発も進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田油田
あきたゆでん

秋田市を中心として日本海沿いに北東から南西に延びる第三紀層背斜構造に開発された油田。古くは1675年(延宝3)、現在の潟上(かたがみ)市昭和豊川(とよかわ)で採掘されたことが伝えられている。秋田市八橋(やばせ)や草生津(くそうづ)、にかほ市院内に石油露面があり、明治時代には手掘り井が掘られていた。1800年代末まで試掘地の選定は表面徴候によるもので大きな発展はなかった。1900年(明治33)に国家的背景の下に地質調査を実施し、1902年には秋田石油調査会が組織され、1908年日本石油会社が旭川(あさひかわ)油田の泉地内に機械掘りを開坑。1908年の産油量3000キロリットルから1911年には4700キロリットルと増加した。1910年日本石油は土崎港に製油所を建設(その後撤去)。1912年(大正1)から1933年(昭和8)までの掘削法は、手掘り、上総(かずさ)掘り、綱掘りが多く、小資本による採掘が主であった。第二次世界大戦中に半官半民の帝国石油会社(現国際石油開発帝石)が設立され、戦後はロータリー掘りなどの近代技術による深層油田の採掘が多くなった。1958年(昭和33)男鹿(おが)半島北東部に申川(さるかわ)油田が発見され、海水による水攻法採油を実施し、秋田油田の生産量は1960年に37.7万キロリットルに達した。また、天然ガスは八橋油田の油溶性ガスとともに、県南部のにかほ市象潟(きさかた)町などで水溶性ガスが発見されたが、生産量は多くなかった。以後八橋油田の衰退もあり、2006年(平成18)の生産量は原油約17万キロリットル、天然ガス約4122万立方メートルで、原油は新潟、北海道に次ぎ全国第3位、天然ガスは新潟、千葉、北海道、福島に次ぎ第5位である。[柘植敏朗・宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田油田の関連キーワード海底油田頸城油田陸奥八橋油田羽越本線秋田犬秋田甚句秋田空港戸賀湾新津油田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone