八橋油田(読み)やばせゆでん

  • 八橋(やばせ)油田

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県秋田市西部に位置する日本で最大規模の油田。1933年に日本鉱業(→JX日鉱日石エネルギー)によって発見され,1935年に生産開始された。その後日本石油なども同地域の油田開発に乗り出し生産量が拡大,1959年に日量 5072バーレルを記録した。第2次界大戦後も帝国石油(→国際石油開発帝石)が操業を続けたが,枯渇が近づき生産量は年間約 10万バーレルまで減少した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

JR秋田駅の西方約3kmの秋田市八橋を中心として北は同市外旭川,南は同市新屋にいたる南北約15km,幅約500mの細長い形をした集油面積3.38km2の油田。日本国内で発見された最大の油田である。油田構造は,第三紀の中新世から鮮新世にわたる地層が西急東緩の背斜構造をなしており,この第三系を第四紀の砂礫層が不整合におおう。石油はこの背斜の頂部に集積しており背斜トラップである。油層は深度350~1750mの範囲に十数層あり有効層厚は126m,これを構成する岩石砂岩凝灰岩である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田市西部、旧雄物(おもの)川東岸一帯に分布する油田。支流草生津川(くそうづがわ)沿いの南北13キロメートル、幅約500メートルの地域。江戸時代末期、秋田藩の御用油商人千蒲善五郎(ちがまぜんごろう)が石油開発したことに始まる。1902年(明治35)に県と地元資本による秋田石油調査会の設立を経て、本格的な開発は、1932年(昭和7)の試掘に始まり、1935年に深度206メートルで突如大噴油した。1959~1960年に最盛期を迎え、日産で原油が約800キロリットル、天然ガスが48万立方メートルと全国一であったが、以後急速に衰退した。水田に林立していた石油櫓(やぐら)もほとんど消滅したが、2014年段階稼動中。

[柘植敏朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

秋田市八橋にある油田。明治二年(一八六九)に発見。昭和八年(一九三三)から本格的に開発され、同三四年原油産出量は全国第一位に達したが、以後、産出量は急激に減少。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八橋油田の関連情報