コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父三十四所 ちちぶさんじゅうよんしょ

1件 の用語解説(秩父三十四所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちちぶさんじゅうよんしょ【秩父三十四所】

秩父三十四所観音霊場ともいい,秩父盆地(埼玉県)に点在する34ヵ所の観音霊場を巡る巡礼コースである。西国三十三所坂東三十三所の観音霊場とあわせて,日本百観音霊場を構成する。熊野の青岸渡(せいがんと)寺から始まった観音巡礼の旅は,西国,坂東,秩父の霊場を経て,秩父34番の水潜(すいせん)寺で結願する。秩父の霊場は,そのほとんどが大寺院で占められる西国,坂東とは異なって,小規模の寺や堂からなり,地方的な色彩が濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の秩父三十四所の言及

【観音】より

…観世音の略称。慈悲を徳とし,最も広く信仰される菩薩。阿弥陀仏の脇侍としてのほかに,単独でも信仰の対象となる。標準的な姿の聖(正)観音のほかに異形の観音が多い。観音の起源にはヒンドゥー教のシバ神の影響が考えられる。クシャーナ朝時代の貨幣にシバ神の像が打刻されているが,その像にオエショOeshoという神名が刻まれている。オエショはおそらくサンスクリット語イーシャĪśaのなまりで,イーシャは〈主〉を意味し,シバ神の異称となっている。…

※「秩父三十四所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秩父三十四所の関連キーワード赤平川奥秩父雁坂峠秩父盆地巡拝秩父秩父絹秩父三十三所秩父縞坂東三十三所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父三十四所の関連情報